妻の動向には注意?

従来、既婚者の浮気といえば、男性側のイメージが強かったが、最近は昼ドラなどの影響により随分と女性側の浮気率も高くなっているようです。 Read the rest of this entry »

不貞行為がばれた時のリスクは考えないのか?

男の人は常に刺激が欲しいのかわかりませんが、なぜ不貞行為がばれたときのリスクは考えないのでしょうか?かりに考えていたとしても実際に行動をしてしまえば考えてないのと同じでしょう! Read the rest of this entry »

風評被害調査の調査内容

インターネットが普及した今では、インターネットで何か悪口などを実名を出して書かれてしまうと風評被害が怒ってしまうことかと思います。いたずらに書かれたことでもそれを信用して真に受けて、対象に対してそのようなイメージを持っている人はとても多くいらっしゃることかと思います。そこで誹謗中傷の内容を探偵に依頼して調査することができます。そのような調査の内容としましては、インターネット上で実名記載や不実記載等の確認調査を行ってもらうこともできます。それからインターネット上で個人や法人の情報漏えいであったり風説の流布での被害を調査してもらったり対策を考えてもらうことも可能です。書き込みの削除交渉も行ってもらうことができます。それから実際に書き込みを行った人物の特定調査も可能です。それからインターネット内のIDであったりパスワード等の調査も行ってもらうことが可能です。インターネットでの特定の書き込みであっても誹謗中傷による風評被害は大きなものとなります。放っておかずにしっかりと調査をおこなって対策をとるべきなんです。

浮気の実態と結果

浮気をしている人はもう遅いですが、浮気をする一歩手前の人は読んでほしいですね。

Read the rest of this entry »

不動産調査の調査内容

探偵が行う不動産調査の調査内容は、どのようなことをするのかというと、たとえば、引越しや家づくりを考える際、探偵が事前にその周辺地域を調べ、近所の付き合いなどに問題がないかなどを調査します。家の購入を検討しているけど、家の周囲の状況や近所の人のことをしっかり把握しておきたい、地域の治安や安全が気になる、近隣騒音、悪臭や心霊現象のウワサなどはないか、不動産会社の信用はどうか、などが気になる場合、探偵に不動産調査を依頼します。通学区の学校への調査なども、不動産売買契約の前後に探偵が調査します。最近では、特にブラック物件と言われるマンションやアパートが増えています。事件や事故が起こった部屋のことです。ブラック物件というのは、心理的瑕疵物件であり、入居しようとする人が心理的に嫌悪する可能性がある物件を指します。ブラック物件と呼ばれる物件は、貸主が部屋を借りる人に、事前にそれを告知する義務があります。しかし実際にはそれが行われていないケースが多い実態があります。探偵の不動産調査では、独自の視点で調査手法を駆使することで、物件の本当の姿を調査します。

年収・収入調査の費用

年収・収入調査の費用は気になるところですが、情報量によって費用は変わってきます。たとえば、個人の調査で情報量が多く、単年度の場合は3万円からとなります。情報量が少なく、複数年度に渡る調査の場合は5万円からとなります。また、年収・収入調査の費用は、基本的にデータ取得として、別途1万円かかります。調査員人件費、機材費、車両代などの料金は一切かからないので、諸経費はかかりません。年収・収入調査は、最大で過去3年間の年収、所得状況を調査することができるので、詳しく調べることができます。費用を安く抑えたいなら、今持っている情報と要望を相談員にしっかり伝えることです。信用調査専門のカウンセラーが、年収・収入調査に当たります。年収・収入調査と一口に言っても、様々な目的で調査を依頼するケースが多いので、内容によっても費用はかわってきます。いずれにせよ、調査目的や問題を持っている場合は、できるだけ早い段階で年収・収入・所得調査を依頼することです。早く動くことで、必要とする調査結果が判明しやすくなります。スムーズな問題解決のためには、早目に相談しましょう。

好きじゃないのに結婚ってどう?

結婚について世の中の女性はどう考えているのでしょうか?今付き合っている彼女がいますが最近ものすごく短気になりました。そしてわがまま!ごく普通に会話をしていてちょっと私の反応や言葉が気に入らないと怒ります! Read the rest of this entry »

浮気調査をする側のある意見

浮気調査をしていいことがあるときが半分、悪いことが起きるのが半分です。
でも良いことが起きるのは浮気をしていなかったと分かった時だけです。
この場合はほとんど間違いなく最初に分かることがほとんどです。
つまり疑う理由が浅はかだったり、一般的に疑うまでもない理由だったり、調査するまでもない調査依頼の理由だったりするのです。
もちろん疑い深いが、結局は白だったという場合もあります。

残りの黒の場合も調査を始める前にすでに疑い深い場合もあります
その場合はやっぱり黒です。
黒かな、白かな、という場合が難しいです。
追跡して、最後の最後ではっきりするということもあるのです。
ただ、どんな黒の場合でもそうですが、悲惨な結果になることは間違いありません。
家庭は崩壊するし、離婚になるだろうし、子供にも会えなくなるだろうし。
そこまで浮気に情熱をかけるくらいなら家庭を守るのに傾ける方がいいでしょう。

浮気調査の相談をするなら、まず理由を確かめてから相談した方がいいでしょう。

 

浮気証拠をSNSで掴む

浮気の相手はどこで出会うのか?という話ですが、やはり多いのは職場、あるいはその取引先など。
次いで同級生であったり先輩後輩であったりと昔のつながりが多いのではないでしょうか?
ところが、最近ではSNSを活用して浮気相手を探すなんていうのが増えています。 Read the rest of this entry »

調査依頼した場合のメリット

探偵に浮気調査の依頼するときは、調査にどれだけの人数をかけるのか?というと、
調査内容により様々ではありますが、一般的には2人くらいで調査していることが多いです。

しかし、まだ浮気かどうかハッキリしていない場合は、
浮気しているかの確認の時点では調査員1人で行います。 Read the rest of this entry »

カテゴリー
お気に入り