不動産調査の調査内容

探偵が行う不動産調査の調査内容は、どのようなことをするのかというと、たとえば、引越しや家づくりを考える際、探偵が事前にその周辺地域を調べ、近所の付き合いなどに問題がないかなどを調査します。家の購入を検討しているけど、家の周囲の状況や近所の人のことをしっかり把握しておきたい、地域の治安や安全が気になる、近隣騒音、悪臭や心霊現象のウワサなどはないか、不動産会社の信用はどうか、などが気になる場合、探偵に不動産調査を依頼します。通学区の学校への調査なども、不動産売買契約の前後に探偵が調査します。最近では、特にブラック物件と言われるマンションやアパートが増えています。事件や事故が起こった部屋のことです。ブラック物件というのは、心理的瑕疵物件であり、入居しようとする人が心理的に嫌悪する可能性がある物件を指します。ブラック物件と呼ばれる物件は、貸主が部屋を借りる人に、事前にそれを告知する義務があります。しかし実際にはそれが行われていないケースが多い実態があります。探偵の不動産調査では、独自の視点で調査手法を駆使することで、物件の本当の姿を調査します。

カテゴリー
お気に入り