離婚件数は増加していない!?

日本の離婚件数はどうなっているのでしょうか?

離婚件数

厚生労働省の人口動態統計によると、日本全体の離婚件数は1990年代後半ごろから急増するようになります。

2002年には28万9836件とピークになりました。

その後は増加すると思われましたが、減少傾向にあります。

2014年には、2分22秒に1組の割合で夫婦の離婚が成立しているそうです。

なぜ離婚件数は減少しているのか?

なぜ離婚件数は減少しているのでしょうか?

その秘密は「晩婚化・非婚化」にあるそうです。

つまり、そもそも離婚する前に結婚する人達が減少しているそうなのです。

そして、結婚したとしても、「晩婚化」することにより、

「若い時に勢いで結婚して失敗した!」ということがないのです。

納得!ですよね。

夫婦を突然離婚に追い込むもの

男性も女性も、多かれ少なかれ、歳を取ると異性に体を求めるモチベーションが

落ちてくるでしょう。

それはどうしたってそうなります。

心は若くたって、体は本当に正直です。

ですが、中には、歳を取っても自分の欲を抑えられないという人もいます。

そのことが、結局は「不倫」という形になって夫婦のきづなを聞きに陥れます。

もし、浮気調査を神戸で検討中でしたら、

浮気調査 神戸と調べてみてください!優秀な探偵さんが沢山見つかると思います!

カテゴリー
お気に入り