同窓会という

学生時代の級友が群がる同窓会。久しぶりの同窓会というのは思い出深い友達にも巡り合うことができるのでどうしても楽しいものです。ですが同窓会は友達だけでなく、従来好きだった他人や元恋人、初恋の仲間などが出席する可能性が高いのです。殊に初恋の他人というのは、天命の取り分け忘れられないものであり特別なカタチです。そんな初恋の仲間と再会したことがあるかの調査をすると、再会の契機は同窓会というのが頂点多いです。同級会などでの焼け木杭に火が付く初恋の仲間とは特別なカタチなので、同窓会で再会したらちょっぴり有難いものだと思います。

久しぶりに再会したからと言って、そこで何もなければ問題はありません。ですが中には初恋相手に当時自分が好きだったことを発表したいと思う他人が存在しています。実はそういう方針を持つのは女子よりも男性の方が多いです。こういう理由としては紳士と女子のロマンスのコツに違いがあります。女性はロマンスに関してわりと軽々としていて、失恋したとしても次に異性が現れた時折、昔の経験を無くすことができるといわれています。一般的に女性は昔の異性を引きづらないというのはこの為だ。

なので初恋の相手に再会したとしても昔のダイアリーの一つという思い込みで、断じてそこで昔の心持ちが蘇ることはありません。反対に男性は、昔のロマンス毎にダイアリーを一つ一つ保存して出向く性格があるそうです。なので初恋仲間に対しての思い入れは女子よりも男性の方が硬い場合が多いです。こんな物事から従来、自分が好きだったという事を告白して仕舞う男性が多いのではないでしょうか。

カテゴリー
お気に入り