車を運転しない人

車の目立たない場所にGPS端末を忍ばせ、移動の様子を常時監視し、現在地を掌握したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して各種の分析をすることも可能です。

あまり、

車を運転しない人の場合は、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。

これで、相手がどこにたち寄ったのかや何時間滞在したのかもわかってしまうはずです。

時間単位での尾行料金が設定されている場合、探偵が尾行をおこなう時間が長いよりも短い方が、費用が少なく済みます。

よって、探偵に尾行依頼をするなら、日頃のパートナーの行動パターンを理解しようと観察することが大事です。

最も疑いのある時間帯や曜日に追跡をお願いすると、余計な手間をかけずに探偵も尾行することができ、お互いにとってメリットのある依頼になります。

どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、平均では一週間以内です。

しかしこれはあくまでも一般的なケースです。

パートナーがとても慎重な性格(環境によっても変化しますが、先天的なものが大きいと考えられています)だとなかなか証拠がつかめなくて、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあります。

一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日があらかじめ分かっているなら、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。

浮気調査の依頼をするときには、何人の調査員が必要なのかというと、調査内容により、さまざまではありますが、多くの場合、2人程度で調査しています。

しかし、まだ浮気が確定でない場合には、浮気が確実かどうか、調査員が1人で調査をすることがよくあります。

再度考えて調査員の数や方法など進むべき方向を決めます。

興信所と探偵事務所のちがうところですが、別段変わりは無いといってもよろしいでしょう。

双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような違いのない仕事です。

ただし、違いがあるとしたら、興信所は、企業や団体からの依頼むけで、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。

相手が言い逃れ出来ないくらいの証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚をしないという選択肢もあります。

特にお子さんがいらっしゃる場合、浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといってトントン拍子で離婚の話は進まないものです。

養育費(育てていない方の親に支払いを請求することができる子供を養育するための費用です)は想像しているよりもずっと少額になりますし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、一人で育てていくのは容易ではありません。

同様に、父親が一人で育てる場合も簡単に仕事と両立することはできないでしょう。

 探偵が使っていることで知られている追跡グッズとは 自分自身で買えるのかと言われたら購入できます。

通常は、追跡グッズはGPS端末を使用されることが多いですが、誰でもインターネットなどで購入が可能です。

車に載せているのをよく見るGPS端末は、車が盗難されたときに備えて搭載しておくものですので、当然、誰でも購入できます。

浮気という証拠はカーナビで持つかめるでしょう。

カーナビにある履歴を確認し、浮気相手とドライブデートしたというところを見つけられます。

見たことのないとこをの履歴を発見した場合注意する必要があります。

そして、しばしばもしガソリンを入れていたら、車で会っている場合があります。

カーブス評判【行ってみたらこんな所だった】料金や本当の口コミ

カテゴリー
お気に入り